人生最大の冠婚葬祭イベント 私の出産

MENU
人生最大の冠婚葬祭イベント 私の出産

出産後お宮参りに行き、身近な冠婚葬祭を実感しました

皆さんは冠婚葬祭で、お宮参りをされた事はありますか?お宮参りは出産後1ヵ月頃に、土地の守り神に赤ちゃんの誕生を報告して、健康と長寿を祈る儀式になるんだそうです。
私は去年娘を出産し、初めてお宮参りに行く事になり、あわてて調べて準備しました。
単身赴任をしており、実際に住んでいる所と、夫と同じ地元の馴染みのある神社どちらにするか迷いましたが、里帰り出産をしていた事もあり、地元で家族みんなで行く事になりました。
土地によって違うようですが、正式には男の子は生後31、32日目、女の子は生後32、33日目がよいといわれているそうですね。うちではそんなこだわりはなかったので、義家、実家、夫の都合のいい日を合わせて50日くらい経った時に実家近くの結婚式を行った、小さいころからの馴染みのある小さな神社でお宮参りをしました。

私は着物を着たかったのですが産後なかなか体型が戻らなかった事もあり、ゆったりとしたワンピースを着て、娘にはベビードレスを着せ、赤い祝い着を一応準備しましたが、初夏でしたので、義母に赤ちゃんを抱かせてさらに暑くなる祝い着を着せるのはできず、神主の方にでお祓いを受け祝詞を上げてもらったあと、赤ちゃんを寝かせて撮影できる時があったので、その時だけそっと上にきせるだけになりました。
これを機会に、ベビーベッドに張っていた命名札も外し、へその緒と一緒にしまう事にしました。
娘を授かるまでは、冠婚葬祭を気にしたことはなかったのですが、こうやって人生の折り目に記念にする事は、娘にとってもいい事だなと思いました。


Copyright(c) 2017 人生最大の冠婚葬祭イベント 私の出産 All Rights Reserved.